« セイキム | トップページ | 大天使の祝福 »

思い込み

「私の思い込みかもしれないんですけど・・・」
という人が多いのですが、

私は、「思い込み」だけで生きてきて
もう57年も生きているので
それでも、大丈夫!
何とか、生きていけますよ。
多分、そんなには人に迷惑かけてないと思う。。。

思い込みは、その瞬間の自分にとって真実。
他の人に取っては違うかもしれないし
明日の自分は、違うことを思っているかもしれないけど、
その瞬間、自分にとって
大事な真実。

思い込みか
直感か
なんて
そのときに判断できるものではないけど
エゴや執着は、そのうち、自然に剥がれ落ちていくので
真実だけが残る。

もし、
思い込みかもしれないから・・・
と全部捨ててしまったら
何も残らない。

自分の声を聞くことは
内側のエゴと向かい合うことになるので
勇気がいることもありますが
そういう葛藤も大切な学び。
失敗しながら
歩くのが人生かも。

間違いのない選択だけをして
正しい道を歩く
という簡単な人生は
実際には、味気ないかも。

まあ、「正しい道」なんてものはなくて

デコボコ道でも
自分にとっての「本当の道」
だけがあるんですけどね。

失敗したと思うときは、
この痛みをなぜ受けてしまったのか・・・
この失敗の原因は何なのか・・・
と思うものなんだけど
大切なのは、
そこから
「どうするか・・・」
だけなんです。

どの失敗も人生を彩る模様でしかないので。

思い込みだけで
失敗ばっかりで
57年も生きてきたけど、
振り返ると
まだ痛みを感じる辛い過去もあるけど
それでも
ここまでこれて良かったなあ
と思います。




« セイキム | トップページ | 大天使の祝福 »

岡本ゆう子の独り言」カテゴリの記事

最近の記事と写真

  • Imgp0355_918

2013 虹のMt.Shasta

  • 金色の翼
    2013年9月。 Mt.Shasta にかかる虹。

Mt.Shasta 2011.10

  • シャスタ山が喜んでいる
    2011年10月7日から14日、カリフォルニアの北部の聖なる山、 シャスタ山を訪れました。 10月初めに降った雪で、シャスタ山は雪に覆われていました。 聖地、パンサーメドウは、山の中腹2000m以上のところにあるので、 今年は、パンサーメドウには入れないのではないかとあきらめていました。 でも、山は待っていてくれました。 雪が降っても、山のゲートは開いていました。 最初の日は、30cm以上の雪の中をパンサーメドウに向かいました。 山が待っていてくれたことに感激でした。 真っ白の誰もいない静かなパンサーメドウ、 太陽の光は祝福するように降り注いでいました。 その日から雪はどんどんとけて、最後の日は、パンサーメドウの雪はすっかりなくなり、雪の下のワイルドフラワーが顔を出していました。

高次元のゲート

  • 太陽に天使の羽根?2011年5月31日
    この地上のいくつかの場所に異次元、高次元への通路が開いている場所があります。 また、ある時だけ、そのゲートが開かれる瞬間もあります。 不思議体験ではなく、それは出会うべくして出会う瞬間なのです。

ウェブページ

フォト