« ムナイ・キ | トップページ | ブログのお引っ越し »

12の宇宙光線の感想

まだ、HPにも正式に載せていないのに
ブログをみて申し込んで下さる方があったので
先日、初めて12の宇宙光線の遠隔セッションをしました。

とてもパワフルで、神聖で圧倒されるような光が降りてきました。
私自身も、その光の中でイニシエーションを受けているような神聖な時間でした。

感想を送っていただいたのでシェアします。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日は、Twelve Cosmic Rayのセッションありがとうございました。

初めは緊張していましたが、

白い光に浄化されるのを感じるとリラックスできて、
とても力強いエネルギー、開放的なエネルギー、引き上げられるようなエネルギー、いろいろなエネルギーを感じながら深いところへと落ち、
…(途中覚えていません)…
急に、ふっと、抜けるような感じで目覚めました。
それから柔らかな、シルバーの光、ゴールドの光、白い光に包まれるのを感じました。

セッションが終わって6時間経った今、自尊心が高まっているのを感じます。
これまで私は、「プライド」というと、人に対する見栄のようなマイナスのイメージを持っていたようで、今は、自分が自分として生きていくために必要なものとしての「自尊心」を感じます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

« ムナイ・キ | トップページ | ブログのお引っ越し »

岡本ゆう子の独り言」カテゴリの記事

最近の記事と写真

  • Imgp0355_918

2013 虹のMt.Shasta

  • 金色の翼
    2013年9月。 Mt.Shasta にかかる虹。

Mt.Shasta 2011.10

  • シャスタ山が喜んでいる
    2011年10月7日から14日、カリフォルニアの北部の聖なる山、 シャスタ山を訪れました。 10月初めに降った雪で、シャスタ山は雪に覆われていました。 聖地、パンサーメドウは、山の中腹2000m以上のところにあるので、 今年は、パンサーメドウには入れないのではないかとあきらめていました。 でも、山は待っていてくれました。 雪が降っても、山のゲートは開いていました。 最初の日は、30cm以上の雪の中をパンサーメドウに向かいました。 山が待っていてくれたことに感激でした。 真っ白の誰もいない静かなパンサーメドウ、 太陽の光は祝福するように降り注いでいました。 その日から雪はどんどんとけて、最後の日は、パンサーメドウの雪はすっかりなくなり、雪の下のワイルドフラワーが顔を出していました。

高次元のゲート

  • 太陽に天使の羽根?2011年5月31日
    この地上のいくつかの場所に異次元、高次元への通路が開いている場所があります。 また、ある時だけ、そのゲートが開かれる瞬間もあります。 不思議体験ではなく、それは出会うべくして出会う瞬間なのです。

ウェブページ

フォト