« REIKI MICROCOSMIC ORBIT MEDITATION(対訳) | トップページ | アバンダンティア・アバンダンス・レイを受けると起こり得ること »

豊かさの女神(The Goddess of Abundance)

私たちが、人生の目的の道を充実して歩くためには、物質的なサポートが必要です。私たちが望めば、スピリット達は、喜んでこのサポートをしてくれます。女神アバンダンティアは、豊かさの問題を手助けしてくれるパワフルな育みの神です。私たちが、優雅にスムーズに豊かさを受け取る手助けをしてくれます。ライトワーカー(スピリチャルな道を行く者)は、「受け取る」ことより、「与える」ことが重要だと考えがちですが、それが、不調和とブロックの原因になることがあります。女神アバンダンティアは、夢と大望を抱き、求めること対して、自信を与えてくれます。

女神アバンダンティアは、成功、繁栄、豊かさ、幸運の美しい女神です。アバンダンティアは、貯蓄・投資・健康の加護をする女神であるとも言われています。アバンダンティアのイメージは、数世紀前のローマのコインにも描かれています。

ローマ神話の中では、アバンダンティアは、人々が寝ている間に、お金と穀物を彼女がいつも持っている「コーヌスピア(豊さの象徴の山羊の角)」から振り落としていきます。北欧の神話では、Fulla(フラ)と呼ばれ、Frigg(フリッグ)・・空気と雲の女神・・の第一のお気に入りの従者です。Fulla(フラ)は、Frigg(フリッグ)の宝物を持ち、また、Frigg(フリッグ)の仲介者として、助けを求める死の淵にある人の願いを叶えます。

私(ドリーン・バーチュ)がアバンダンティアの見るときは、いつも、彼女からまるで魔法のように金貨がこぼれだしています。特別な容器からではなく、彼女自身から溢れ出しています。そして、彼女の後には、こぼれ落ちた金貨の道が続いています。その金貨は、チャラン・チャランと不思議な音を奏でそうです。それは、まるでお腹の周りにコインをどっさりつけたベリーダンサーが鳴らすようなチャラン・チャランという音です。

女神アバンダンティアは、偉大な美しさと天使の清らかさの象徴です。忍耐強く、とても愛らしい存在です。アバンダンティアは、親切な接客係のように、「何かできることはありますか?」といつもあなたに尋ねています。そして、そのあなたの望みを親身になってかなえてくれます。

女神アバンダンティアは、次のように言っています。

「私は、たやすくあなたの夢に入り、収入・投資などについてのあなたのどんな質問にも答えます。収入は、ヒーリングの糧となり、時間に関してあなたに自由をもたらすものであると言うことを忘れないで下さい。もし、あなたが、心配と不安にさいなまれると、お金は災いのもとになることもあります。私はそんな時にあなたの元に訪れて、あなたの豊かさを制限している低次元の思考を和らげ、あなたの高次の繁栄への道へ導きます。」

天があなたを必ず助けてくれることに何の疑いも抱いていない証として、利き手ではない手に一つ以上のコインを持って次の祈りの言葉を捧げてください。

「美しいアバンダンティア、私はあなたのように、いつもおおらかで、自分に必要なものはすでにあらゆる面で満たされていると確信できるようになることを望みます。お金に対する心配を喜びと感謝に変える手助けをしてください。天からの助けを自然に受け取れるように、私の両腕を大きく広げる手助けをしてください。あなたの導き・ギフト・ご加護に心から感謝します。私は喜びに満ちあふれ、満ちたりています。私は、今現在も、これからも完全に守られていることを確信して、自らを解き放ち、安らいでいます。」

The Messenger May /June/2003 の記事“The Goddess of Abundance” By ドリーン・バーチュ より引用)

« REIKI MICROCOSMIC ORBIT MEDITATION(対訳) | トップページ | アバンダンティア・アバンダンス・レイを受けると起こり得ること »

ヒーリング」カテゴリの記事

最近の記事と写真

2013 虹のMt.Shasta

  • 金色の翼
    2013年9月。 Mt.Shasta にかかる虹。

Mt.Shasta 2011.10

  • シャスタ山が喜んでいる
    2011年10月7日から14日、カリフォルニアの北部の聖なる山、 シャスタ山を訪れました。 10月初めに降った雪で、シャスタ山は雪に覆われていました。 聖地、パンサーメドウは、山の中腹2000m以上のところにあるので、 今年は、パンサーメドウには入れないのではないかとあきらめていました。 でも、山は待っていてくれました。 雪が降っても、山のゲートは開いていました。 最初の日は、30cm以上の雪の中をパンサーメドウに向かいました。 山が待っていてくれたことに感激でした。 真っ白の誰もいない静かなパンサーメドウ、 太陽の光は祝福するように降り注いでいました。 その日から雪はどんどんとけて、最後の日は、パンサーメドウの雪はすっかりなくなり、雪の下のワイルドフラワーが顔を出していました。

高次元のゲート

  • 太陽に天使の羽根?2011年5月31日
    この地上のいくつかの場所に異次元、高次元への通路が開いている場所があります。 また、ある時だけ、そのゲートが開かれる瞬間もあります。 不思議体験ではなく、それは出会うべくして出会う瞬間なのです。

ウェブページ

フォト